MENU

風俗でもお金借りることはできますか?

カードローンに申込むときは、必ず勤務先の情報や勤続年数などの情報を伝える必要があります。

 

このときに、申し込もうとしているのが風俗勤務の方の場合だと、申込みに不安を感じたりするかもしれません。

 

しかし、附属勤務であるからといって、カードローンが利用できないわけではありませんので、自信をもって審査に臨むようにしてください。

 

ここでは、風俗勤務の方がカードローンに申込む場合の注意点について、説明したいと思います。

 

■消費者金融に申込むなら総量規制に注意

 

消費者金融のカードローンに申込むときは、総量規制がある点に注意してください。

 

総量規制は、カードローン会社が年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというものです。

 

たとえば年収300万円の方なら、融資の上限額は100万円まで、というように法律で決められているわけです。

 

そのため、希望する金額を入力するときも、自分の年収の3分の1までの範囲内で希望を出すようにしてください。

 

 

■50万円を超えるお金を借りるとき

 

カードローンで50万円を超えるお金を借りようとするときは、消費者金融ではなく、銀行カードローンのほうがいいかもしれません。

 

消費者金融の場合は、50万円を超える融資をするときに、本人の年収を証明するための「収入証明書」の提出を受けなければならないことになっています。

 

つまり、消費者金融から50万円を超えるお金を借りるときは、必ず源泉徴収票などの提出が求められるということです。

 

収入証明書がすぐに用意できるならいいですが、できないときは、バンクイックや新生銀行レイクのような銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

 

■融資を急ぐときは

 

カードローンの審査は、24時間、いつでも受けられるというものではありません。

 

カードローン会社の営業時間内に審査を終わらせないと、当日中の融資が難しくなります。

 

できるだけ早く書類を用意し、申込み画面に進むようにしましょう。